pageimg

当院の診療方針・理念

村井歯科医院院長の理念、そしてテーマとなる診療方針

診療科目はインプラント治療、審美歯科、歯周病、予防歯科などありますが、どれも理念、診療方針あってこそ一貫性のある治療を患者さんに行えます。

村井歯科医院ではチーム医療として、「全員で一人の患者さんと関わる」ことをテーマとしております。チームには目的があり、そのための理念と方針がなければ何もできません。

村井歯科医院の理念

村井歯科医院は、高度総合歯科医療の分野で、パイオニアとして、安心・安全の歯科医療を提供し、社会・人類に貢献する。専門医として、患者さんの幸せに貢献したい。

保険医療の制限を越えたハイレベルな高度総合歯科医療、集約的治療が、チーム医療なので可能です。

一時しのぎの治療は結局歯を失う一里塚 ファーストクラスの歯科医療を。ハイクラスデンティストリー 運営理念:村井歯科医院は、全従業員の物心両面の満足をめざし、高度総合歯科医療の分野で、パイオニアとして人類/社会の発展に貢献する。

歯科医師の腕をひけらかす治療ではなく、患者さんにとって、価値ある医療を、心温まる治療を。国際的にも活躍している口腔外科や矯正歯科の専門医との連携を密にしています。加えて、内科、耳鼻咽喉科、麻酔科の専門医とも協力関係にあります。

診療方針

人に優しい歯科医療

人に優しい歯科医療 村井歯科医院は、医院スタッフ一丸となったチームアプローチでインプラント・審美歯科をはじめとする高度総合歯科医療も手がけて評価を得ています。
言い換えれば、人に優しい歯科医療が、メインテーマです。
高度な医療技術に自惚れることなく、あくまでも人が相手の優しい歯科治療を真摯に実践しています。

むし歯治療では、現在の医療の潮流であるミニマムインターベーションの治療手法をとっています。生まれながらの大切な歯質は必要最小限しか扱わないことが大切です。

  • 「削らないですむところはできるだけ削らない。」
  • しかしながら除去しなければならない感染歯質はやさしく取り除いてあげる。

その上で強度と見た目を考慮した材料で修復を進めていきます。

ミニアムインターベーションとは

最小限の介入で、最大限の効果を得る。医療の進歩に期待して、必要な医療を必要なだけ行う。
放置や、手抜きではなく、先を見通した医療姿勢です。(必要な医療は、必ず、行わなければならないものです。)患者さんに、治療の大切さをお教えすることも大切な我々の責任です。

ペインレスデンティストリー(無痛治療)の実践

ペインレスデンティストリーの実践 当医院ではペインレスデンティストリー(無痛治療)を心がけ実践しています。このため、多くの患者さんの支持を頂いております。

例えばむし歯の治療の際に行う麻酔を数回にわけて行うことで麻酔を痛く感じさせない工夫をします。しかし、麻酔針を打つ場合にも痛みが伴うことがあります。痛みをやわらげる麻酔が痛いというのはなんとも矛盾したものです。


実は、「麻酔針を打つ痛み」も和らげるのが無痛治療のひとつのポイントです。麻酔針を痛くなく打つのも一つの技術なわけです。

 

「ペインレスデンティストリー(無痛治療)の実践」とは、「実践している歯科医院の患者さんへの思いやり」でもあります。

お問合せについて

当院は【予約制】になっております。予約は、お電話にてお願いします。初診のご予約までのお問合せ、またインプラント治療に関するお問合せについては、指定のメールフォームよりお問合せを受けて受けております。

お問合せページ

治療に関するメール相談