pageimg

インプラント

インプラントの高度医療が可能な医院です

インプラントの高度医療が可能な医院です+村井歯科医院は、全国的にも珍しいインプラント・保存・補綴領域の有資格の学会認定専門医による高度総合歯科医療の可能な医院です。そのため、遠方からもご紹介の患者さんにお越しいただいています。

村井歯科医院では患者さんにとって優しい歯科治療を実践しています。治療期間中の苦痛を和らげる事を心がけ、全顎的治療の時には、噛めない期間をできるだけ短くするため、集約的になるべく短期間で治療を行うことも可能です。

治療の時間をできるだけ短くかつ丁寧に...

歯科医師の腕を誇る様な、治療はいたしておりません。

日本国政府公認の公益社団法人 日本口腔インプラント学会の近畿北陸支部 京都地区の世話人として安全基準を満たした治療をいたしております。

インプラント治療26年のキャリア

私達がお薦めするインプラントは、インプラントの本流の手法を用いた治療法です。インプラントをただ入れるだけではなく、長く快適に使えることを考えて治療を行っています。
数多く手がける治療よりも、きっちりとしたアフターフォローをする治療を目指しています。
単に歯の機能を回復させるだけでなく、自然な美しさを取り戻す審美的な治療も可能です。

院長によるインプラント治療26年のキャリアと実績がある京都四条烏丸の村井歯科医院に安心してお任せください。

使用する材料へのこだわり

村井歯科医院は、京セラと神戸製鋼の合弁企業である京セラメディカル株式会社の歯科インプラント部門のアドバイザーを勤めております。世界的に信用あるブランドのインプラントと自ら開発に携わったインプラントのみをセレクトし使用しています。

村井歯科医院で使用している外国製インプラントは、ノーベルバイオケア社製およびジンマー社製といった世界的にもトップレベルのインプラントです。

大学の研究者時代に行っていました基礎医学研究の裏付けがあるからこそ、メーカーの受け売りではなく、安全性を客観的に吟味することが出来ます。

インプラントとは

インプラントを埋入してその上に人工の歯をかぶせるインプラントを埋入してその上に人工の歯をかぶせることで、 機能面や審美面の回復を行います。
インプラント(Implant=植え付ける)は、人工歯根療法とも言われ、歯が抜けたところに歯の根っこにあたる部分を埋入し、その上に人工の歯(ブリッジやクラウン)をかぶせる治療法です。手術によって埋め込まれたインプラントは、骨になじんでしっかりと固定され、健康な歯のようにかむことができます。インプラントの素材について体となじみの良いチタンを使用しております。

村井歯科医院では、チタンやチタン合金加えて、チタン合金の上にハイドロキシアパタイトをコートしたものなど、状況に応じて、インプラントを使い分けています。

インプラントの素材について

体となじみの良いチタンを使用しております。インプラントは、体の中で非常に安定した素材であるチタンでできており、骨とのなじみをさらによくするために表面処理が施されています。 チタンは人工関節など、さまざまな分野で使用され、生体親和性の高い材料として世界で認められています。

インプラントと骨の界面(境界)が、どのようになっているのかを大学研究者時代より研究してきました。院長の博士論文は、チタンとインプラントの界面をテーマとしています。販売メーカーの言うことを鵜呑みにしなくていい客観的な目を持ち合わせています。

インプラント 従来の治療方法との違い

インプラント 従来の治療方法との違い自分の歯と同じようにかめるだけでなく、残っている歯にも負担が少ない治療方法です。 歯が抜けた場合の従来の治療方法には、

  • 抜けた歯の両サイドの歯を削って土台とする「ブリッジ」
  • 「総入れ歯」
  • 金具で固定する「部分入れ歯」

などがあります。しかし、このような従来法の治療は土台となる歯に負担がかかり、ブリッジに違和感がでたり、入れ歯は不安定で動いたりする場合があります。また、歯が抜けたまま放っておくと、抜けた部分の骨は年数がたつにつれて次第にやせていきます。また、抜けた歯の周りのしは、調和を欠いて、その抜けたスペースのほうに歯が移動していきます。も抜けたほういびつにこうした問題を解決するのがインプラントです。インプラントは骨にしっかりと固定されているので、自分の歯に近い感覚で物をかんだり、話したりできます。 残っている歯にかかる負担が少ない治療方法でもあります。

インプラントはこんな場合におすすめ

ケース1 健全な歯を削りたくない(ブリッジ治療⇒インプラント治療)

健全な歯を削りたくない歯が一本抜けている場合、従来のブリッジなら、支える歯が2 歯必要です。ブリッジにするため、両隣の健全な歯は削らなければなりません。しかも、支える歯は咬合圧(かむ力)の負担もあります。
インプラント治療の場合、両隣の健全な歯を削りません。歯の抜けた所にインプラントを入れて、自然な歯の形をつくります。

そのため、支える歯を削る必要もなく、咬合圧 (かむ力)の負担も少なくなります。

ケース2 入れ歯に違和感(部分入れ歯⇒インプラント治療)

入れ歯に違和感部分入れ歯を不快に感じたり、金具で周りに歯に固定するため、支えている歯に負担がかかる場合があります。支える歯が受ける咬合圧(かむ力)は大きなものになります。

そこで、歯の抜けたところにインプラントを埋入します。支える歯が必要なく、周囲の歯への負担もありません。金具付の入れ歯ではないので、自分の歯のようにかむことができます。

 

ケース3 入れ歯が動く(入れ歯⇒インプラント治療)

入れ歯が動く取り外しができる入れ歯だと動いてしまい、かみづらかったり、発音・発生に不便を感じたりする場合があります。入れ歯をしっかり固定するため、数本のインプラントを埋入して、インプラントの上に入れ歯の固定させます。そのため、安心して食事も可能になります。

その他

  • 入れ歯のバネなどで審美的に問題のある方や、仕事の関係や性格的、心理的に入れ歯をさけたい人。
  • 虫歯や事故などで歯を失ってしまった場合だけでなく歯周病で歯を失ったり歯がグラグラ動いている人。
  • 入れ歯で発音や発生に不便を感じる人。
  • 総入れ歯の人で、よく合わず不快感をもっている人。

 

お問合せについて

当院は【予約制】になっております。予約は、お電話にてお願いします。初診のご予約までのお問合せ、またインプラント治療に関するお問合せについては、指定のメールフォームよりお問合せを受けて受けております。

お問合せページ

治療に関するメール相談