pageimg

歯周病

先端治療を取り入れた歯周病

先端治療を取り入れた歯周病 当院の歯周病治療では、先進国で行われている先端治療を集学的に取りいれ、かつ患者さんが無理なく取り組める治療プログラムを実践しています。
独自の薬物療法や経験豊富な専門医による高度な歯周形成手術も日常的に取り組んでいます。自由診療の範囲になりますが、一歩進んだ予知性の高い歯周治療も当院では可能です。 

歯周病は、口腔内にいる常在菌による慢性疾患です。常在菌を自分でコントロールしやすくすることを主眼とする援助的治療=サポーティブセラピーが歯周病の療法となります。 日々の自己管理=セルフケアと歯科医院での治療を二人三脚で継続していくことが非常に大切です。

歯周病とは

歯を支える周りの組織に起こる病気です

歯周病は、歯肉炎からはじまり俗にいわれる歯槽膿漏までを総称した歯を支える組織の病気です。 歯の周りには、歯を支える色々な組織(歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨)があります。歯周病はこれらの組織が細菌に感染して起こります。また、歯の周りだけでなく、全身的な要因・病気も原因となるうえ、その逆も引き起こすことがあります。歯と歯ぐきの健康維持は全身の健康につながっています。

ほとんどの大人がかかっている歯周病

35歳〜44歳の人ではおよそ85%、45歳〜54歳では90%の人が、歯周病にかかっています。つまり、ほとんどの大人が程度の差はあっても、歯周病にかかっているといっても過言ではありません。

歯周病菌は、全身病を誘発します。

デトックス(解毒)を考えるのであれば、何をおいても、歯周病の治療が、必要です。歯垢・歯石1mgの中には約2億個の悪玉菌が生息しています。わたしたちは、気の遠くなりそうな数の細菌を口の中、とりわけ歯周ポケットに飼い、血管を通じて、体内の他の臓器へ送っていると言うことに成りかねません。

歯を失う大きな原因のひとつ

歯を失う原因の第1位はむし歯ですが、歯周病もむし歯の次に歯を失う大きな原因になっています。特に40歳あたりからは、歯周病の比率が高くなっています。

こんなこと思いあたりませんか?

  • 歯ぐきからウミが出ることがある。
  • 歯がグラグラと動く感じがする。
  • 歯ぐきがむずがゆい感じがする。
  • 歯と歯の間に、よく食べ物がはさまる。
  • 歯ぐきが赤く腫れたり、痛むことがある。
  • 歯を磨くときやりんごを食べたとき、歯ぐきから出血することがある。
  • 口臭があり、人から口が臭いと言われたことがある。
  • 朝起きた時、口が粘ついたり、妙な味がする。
  • 冷たい水を飲むと、むし歯もないのに歯や歯ぐきがしみて痛い。
  • 鏡で見ると、前よりも歯が長くなったように感じる。

歯周病の進行状態

健康な状態

健康な状態 健康な歯肉には、スティップリング(みかんの皮の表面の小さなくぼみのような状態)がみられます。 サンゴ色、またはピンク色でひきしまって弾力性のある健康歯肉

歯肉炎

歯肉炎歯の付け根の表面に、プラークがたまり、歯の周囲や歯と歯の間の歯肉に炎症が起こります。ブラッシングした時に、固いものを食べると、出血することがあります。これくらいではまだ痛みもあまりありません。

歯周炎

歯周炎プラークが歯石になり、歯石は大きくなって、歯根膜が溶け歯肉溝のなかにも広がってきます。歯肉溝はだんだん深くなり、歯肉の弾力性がなくなって、歯周ポケットと呼ばれる空間ができます。炎症も進み、歯槽骨の破壊も始まります。

重度歯周炎(歯槽膿漏)

重度歯周炎(歯槽膿漏)症状が進むと歯周ポケットがさらに深くなり、歯槽骨がほとんど破壊され、歯がぐらつき歯の根も見えてきます。出血や口臭も強くなり常時ウミがでるようになります。その状態を一般に歯槽膿漏(シソウノウロウ)といいます。

歯周病の治療方法

現在の治療は選択肢が増えているので、どの治療を選ぶかによってどのような処置をするのがベストかが決定されます。歯のみを重要視するのではなくて、お口全体の組織を守り、機能回復をどのように図っていくのかというのが大切です。

症状が初期の場合

歯石除去歯石除去

歯についた歯石(古くなった歯垢の固まりが石灰化したもの)は細菌の繁殖の場になります。 この細菌が毒素を出し、歯周病を悪化させます。

一度ついた歯石は歯ブラシではとれません。 この自分ではとれない歯石を 「スケーラー」という専門の器具でサクサク除去していきます。 ルートプレーニング 歯の表面をなめらかにしてプラークをつきにくくします。

P.M.T.C.

歯ぐきの深い部分に付着したプラークあるいはバイオフィルムを取り除くのはなかなかテレビCMのようにはうまくいきません。これを可能にするのが、P.M.T.C.と呼ばれる専門の歯科衛生士などによる徹底した歯の清掃です。具体的な内容は予防歯科をご参照ください。

 

 

 

症状が進んでしまった場合

抗生物質を歯周ポケットに入れて、殺菌する方法

歯周組織を再生するための当院の外科的治療

失われた歯槽骨(歯を支えている骨)を再生するための外科的治療が可能です。
歯周組織誘導再生法(GTR法)と呼ばれるものです。また、エムドゲインといわれるエナメルタンパクを応用し、歯根の周囲組織(歯槽骨等)を誘導して再生させるという薬剤を用いることもあります。
先進的歯周組織再生手術は手術料1ブロック10万円と消費税程度です。

組織を再生させる

最近ではブタの歯胚から抽出したエナメルタンパクという物質を応用し、歯根の周囲組織(歯槽骨等)を強制的に誘導して再生させるという薬剤も登場しています。

インプラントという選択肢

歯周組織破壊の要因が歯周病菌だけにあるとは限らず、かみ合わせなどに起因している可能性もあります。
そのようなケースで理想的なかみ合わせの位置に歯を移動させるのが難しい場合は、インプラントを理想的な位置に植えるという選択肢もあります。

歯周病の治療の具体的なステップ

当院での歯周病治療のステップは下記のように行います。

 

1.歯周病についての検査(1回目)と説明

レントゲン写真や検査の数値、絵を見ていただきながら歯周病や、患者さんの現在の進行度合いについて説明します。


2.ブラッシングの練習

患者さんのお口の状態に合った歯ブラシや、歯間ブラシを処方し、練習します。

 

3.歯石除去

ご自身で取ることができない、歯の表面に固くこびりついた歯石を専用の器具で除去します。

 

4.歯周病の検査(2回目)

歯の表面の歯石を除去したことで、どのように歯肉が変化したかを検査し、歯肉の下の歯石の有無をチェックします。必要があれば、専用の器具で歯肉の下の歯石を除去します。

 

5.歯周病の検査(3回目)

歯肉の下の歯石を除去した後の、歯肉の状態を検査します。非常に深いところに歯石がある場合は、患者さんと相談の上、手術的な処置も可能です。

 

ご注意ください。

残念なことですが、慢性的な病気の一つである歯周病には完治するという事がありません。定期的な健診で、安定した状態を保ちましょう。

お問合せについて

当院は【予約制】になっております。予約は、お電話にてお願いします。初診のご予約までのお問合せ、またインプラント治療に関するお問合せについては、指定のメールフォームよりお問合せを受けて受けております。

お問合せページ

治療に関するメール相談