『失われた食べるための機能』『損なわれた口元の美しさ』を回復させ、それを長期に維持し、患者さんの全身の健康と幸福に寄与する京都四条烏丸にある歯科医院です。
>>高度総合歯科医療について

  • お口全体を検査
  • 専門医がグループ一丸となって関わります!
  • インプラント・保存・補綴領域の専門医の医院です。

村井歯科医院のインプラント治療

 

村井歯科医院動画チャンネル(YouTube)

歯の健康とインプラントについて院長がお伝えします

村井歯科医院、診察室より
「歯と健康」「村井歯科医院のインプラント治療の考え方」について、動画サイト「YouTube」で配信しております。 村井歯科医院、診察室より

村井歯科医院の近況

平成27年4月26日
公益社団法人日本口腔インプラント学会専門歯科衛生士委員会に出席いたしました。
専門歯科衛生士の資格更新の審査とガイドラインの作製の為の会議でした。
平成27年4月17日
京都歯科医療技術専門学校の新入生歓迎の合宿に引率者として、参加いたしました。新入生のモチベーションを高めるための大切な行事です。教職員一同、素晴らしい活躍で、非常に素晴らしい合宿となりました。
平成27年4月8日
京都歯科医療技術専門学校の入学式に出席しました。
全学生のモチベーションをいかに今日のまま導くか、我々の姿勢が問われる日々が始まります。
平成27年4月4日
京都歯科保険医協会の学術研修会に、村井歯科医院として出席しました。医療安全についてで、大阪労災病院の吉田秀郎先生が、講師でした。
平成27年3月22日
熊本市城南町の阿高山真言寺で、村橋宏映阿闍梨によって村井歯科医院院内安全の護摩供養をしていただきました。宗教的な奥深いことはわかりませんが、医療を志す者として、患者さんの幸せを祈る 心は、大切なものと考えます。

今年は、弘法大師の高野山開創1200年の年にあたります。5月には、高野山に上がらせていただく予定です。
平成27年3月7日
九州大学卒後研修協力型施設説明会に院長が参加しました。九州大学は、院長、副院長、院長代理の母校です。母校の卒後研修施設として、後進の指導のお手伝いをできる立場になりました。

村井歯科医院は、指導医2名を擁する研修施設です。今後も、責務を果たしていきたいと考えています。
平成27年3月4日
京都歯科医療技術専門学校の卒業式に副学校長として、院長が列席いたしました。
直接学生に触れることの少ない立場にありますが、この日ばかりは、感慨ひとしおです。

若人の未来に幸あれの思いを胸に感激の一日でした。
平成27年1月31日〜2月1日
公益社団法人日本口腔インプラント学会第34回近畿北陸支部学術大会を京都大学百周年時計台記念館・医学部芝蘭会館にて開催いたしました。
院長が、実行委員長を務め、約2年間にわたり準備をさせていただきました。京都大学の先生方をはじめ、全京都の先生方のご支援をいただき、歴史に残る大会となりました。

一開業医が、本来引き受けるべき大役ではなかったのですが、なんとか勤め上げることができました。皆様の温かい励ましに感謝申し上げます。
尚、本学術大会においては、副院長が、大会副実行委員長を務め、浅田歯科衛生士長が、専門歯科衛生士教育講座の講師を勤めました。
平成26年12月29日
本日、今年の村井歯科医院の診療を無事に終えることができました。
これも足を運んでくださった患者さんたちの温かいご支援の賜物です。ありがとうございました。本年は、公益社団法人日本口腔インプラント学会13000名のうち、6名しか選ばれない専門医教育講座の講師に任じられたり、非常に光栄な1年でした。医院としても高度総合歯科医療を高いレベルで実践できた1年と思います。

感謝の気持ちで一杯です。

新年は、1月5日より診療を開始いたします。
平成26年12月22日
未来学園の歯科衛生士科の臨床実地研修が、いったん終了しました。患者の皆さんの温かいご協力に感謝いたします。
学生さんたちにとって、素晴らしい経験になったと思います。
平成26年12月21日
公益社団法人日本口腔インプラント学会の委員会に院長が出席しました。
インプラント専門歯科衛生士の業務範囲など慎重な取り扱いの必要な事案を審議しま した。
平成26年12月20日
河合乳酸球菌研究所の年頭対談に、院長が、参加しました。歯科医学研究 者としての立場から、乳酸球菌の可能性についてお話しました。
平成26年12月17日
京都歯科医療技術専門学校歯科衛生士科で、研究の仕方、発表の仕方の講 義を院長が担当しました。
平成26年11月31日
公益社団法人日本口腔インプラント学会第34回中国四国支部学術大会が、山口市で開 催されました。院長が、認定専門医教育講座の講師を務めました。

公益社団法人日本口腔インプラント学会には、約14,000名の会員のうち190名の指導医がおりますが、教育講座の講師を勤めれるのは、年6名です。
大学教授でもない私が、講師を勤めさせていただいたことは、名誉であるとともに、重い社会的責任を感じています。

より良い歯科医療を提供できるよう、これまでにも増して、頑張らねばという思いと、ここまで育てていただいた、両親始め、恩人の方々、日々来ていただいている患者さんたち、支えてくれているスタッフに感謝の気持ちでいっぱいです。
平成26年11月8日
公益社団法人日本口腔インプラント学会歯科衛生士委員会に出席いたしました。

東京の本部での会議でしたので、上野の科学博物館に出かけることができました。
科学博物館の前に野口英世博士の銅像があります。享年は、私の今の年齢と同じで す。偉人と比較するのは、おかしなことですが、残された人生をいかに有意義なもにするか、自問自答してしまいました。

国立科学博物館では、光に関する特別展がありました。電磁波からPETまで、少し博学になれました。
平成26年11月2日
三重県鈴鹿歯科医師会の先生方が、私の学術講演を聞きにきてくださいました。会場は、新大阪の京セラメディカル本社でした。
講演の内容は、長期安定を目指した歯科治療でした。村井歯科医院で、行っている実際を紹介させていただきました。

私よりもベテランの先生方が多いにもかかわらず、傾聴していただいたのは、ありがたかったです。
平成26年11月2日
私の母校である高槻高等学校のホームカミングディーが、開催され、出席させていただきました。

今年度、京都府歯科医師支部の発足に伴い、支部旗を会長より、不肖ながら京都府歯科医師支部30名を代表してお受けしました。発足のご挨拶をさせていただきました。
岩井校長とも、お話しする機会を得ました。また、会の終了後の懇親会では、特別講演演者の前大阪市天王寺動物園園長高橋雅之先輩とご一緒の席で、楽しい御話を伺いました。

私よりもベテランの先生方が多いにもかかわらず、傾聴していただいたのは、ありがたかったです。
平成26年10月25日〜26日
高度総合歯科医療研究会の研修会を開催しました。

京セラメディカル様、近未来オステオインプラント学会のご協力を得て、静岡県開業・鈴木龍先生の素晴らしい匠の技をご披露いただきました。
多くの先生方に参加していただき有意義な研修会でした。
平成26年10月19日
大阪千里ライフサイエンスセンターで、公益社団法人日本口腔インプラント学会専門医臨床医技術向上セミナーが、開催され、院長、副院長が、参加いたしました。
超高齢社会におけるインプラント治療をテーマにした勉強会でした。若い先生方とも、意見交換が、できました。

また、院長が、実行委員長を務めます、来年の1月31日、2月1日の第34回近畿北陸支部学術大会の紹介を致しました。
平成26年10月20日
高度総合歯科医療研究会の10月例会を村井歯科医院で開催いたしました。
20名近い参加者でしたので、ぎゅうぎゅう詰めでした。講師は、神戸良先生で、歯内療法をペンシルベニア大学で習得された若手のスペシャリストです。

磯辺量子副院長も歯内療法で、2年前に九州大学大学院で博士号を取得しましたので、非常に有意義な勉強会となりました。
平成26年10月16日
他施設からのインプラント患者さんについて デンタル木曜会10月勉強会が、下京区玉置歯科医院研修室で開催されました。
講師は、元大阪歯科大学口腔外科・インプラント科の井上雅裕先生でした。私より長い臨床経験をお持ちで、非常に興味深い講演でした。

我が国の創成期の歯科インプラント治療から現在の歯科インプラント治療まで、実践を踏まえてのお話でしたので、あっという間の2時間でした。

村井歯科医院でも他施設で歯科インプラントをしてもらわれ、その後のメインテナンス希望で来院される方が、ここのところ多くなってきまし た。他施設からのインプラントメインテナンスは、患者さんを救うという観点からは、非常に大切なことではありますが、長い経験や幅広い知識が必要です。高度総合歯科医療を掲げる村井歯科医院としましては、医院上げて、研鑽を積む責任を感じま した。
平成26年10月3日〜5日
ICOI 国際インプラント会議 世界大会が、東京フォーラムで開催されました。世界最大のインプラント学会です。
公用語は、英語で、3日間 8:00〜17:00ごろまでの缶詰状態でした。
世界の超一流のスピーカーと有意義な時間を過ごせました。

時代は、確実に進んでいます。学んだことを、患者さんに還元していきたいと思います。
平成26年9月11日〜14日
公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会 東京フォーラム
院長は、専門医ケースプレゼンテーション審査委員、専門歯科衛生士委員として、公務も兼ねての出席でした。
来年1月31日(土)2月1日(日)に行われる公益社団法人日本口腔インプラント学会第34回近畿北陸支部学術大会の案内も実行委員長として行いました。
また、認定専門医である副院長、認定専門歯科衛生士である歯科衛生士長も出席しました。国内で行われた口腔インプラント学会としては、規模は過去最大でした。学会の方向性が、これまでは、インプラントを「どう入れるか」を論じていたのが、「どう維持していくか」に、変わりつつあるのを感じました。われわれインプラントに携わる者として、意味あるパラダイムシフトと感じます。
平成26年9月28日
近畿北陸地区歯科医学大会が、村井歯科医院の向かいの京都産業会館で開催されました。

院長が、副学校長を務めます京都歯科医療技術専門学校歯科技工士専攻科からも学術報告がありました。また、院長にとっては、旧知の先生方と再会できた有意義な学会でした。
平成26年9月20日
九州大学大学院口腔解剖学教室の同門会が福岡で、開催されました。

田中照男名誉教授は、お元気で、今も医療技術専門学校の校長職につかれています。

この度は、お二人の教授の就任祝賀会でした。
お二人は、非常にまじめな基礎研究者です。
平成26年8月16日〜17日
NLCD (New Leaders of Club of Dentistry) の第29回の年次大会が開催されました。
エクシブ京都八瀬離宮で、咬合かみ合わせ、歯科医院運営の特別講演がありました。

同室で、宿泊させていただいた先生が、サロマ湖マラソンを完走されたと聞き、後に続きたいと思いました。
平成26年8月3日
九州大学歯学部同窓会の学術研修会が、福岡県歯科医師会会館歯科衛生士専門学校の実習室で開催されました、T期後輩の泥谷先生が、レジン修復について、講演してくれました。

台風の接近のため、日帰りの博多行きとなりました。
平成25年10月27日
高度総合歯科医療研究会公開セミナー(村井歯科医院主催)
「インプラントの長期安定を目指して」
10月27日(日) インプラント学会の先達、宮崎市開業の松井孝道先生にご講演いただきました。

講演会主催者として、座長席で、1日しっかりと聴講させていただきました。
私より、5歳年上ですし、古巣九州支部のトップランナーでもありますし、私の最も尊敬する先生のおひとりです。

徹底的に基本に忠実に日常臨床に取り組まれています。私もそのつもりで日々、診療
室に立っていますが、まだまだ自分には、伸ばせる部分があることに気が付きまし
た。最高に有意義なセミナーでした。
平成25年9月22日23日
がんばろう日本関西広域歯科の集いとして、東北の被災地を慰問に参りました。
復興に向けた長い道のりを感じました。平成25年2月2日に、第3回歯科関係者向け チャリティーシンポジウムを開催いたします。
平成25年9月12日〜15日
公益社団法人日本口腔インプラント学会が、福岡で開催されました。
指導医として、また、専門委員として、お世話する側として、参加させていただきました。出身講座が、主管でしたので、同窓会みたいでした。4日間、古巣福岡を楽しむことが出来ました。
平成25年9月7日
近未来オステオインプラント学会大阪京都滋賀支部の支部学術大会が開催されました。
問題提起で、講演をさせていただきました。
平成25年8月25日
京都歯科医療技術専門学校同窓会設立40周年の記念大会が、開催されました。
現職の副学校長として、出席させていただきました。

卒業生の社会での活躍が、紹介されました。
平成25年8月15日
熊本阿高山真言寺を訪ね、院内安全の護摩供養をお願いいたしました。
ご住職村端宏映阿闍梨により、厳かに執り行っていただきました。
平成25年8月1日
公益社団法人日本口腔インプラント学会近畿北陸地区代議員会が開催されました。
平成27年1月31日2月1日に、京都で行われる近畿北陸地区学術大会は、京都大学で開 催されることが、決定されました。

不肖、私が、大会実行委員長をお引き受けすることになりました。
全京都の先生方と共にインプラント学の発展に寄与できる歴史に残る大会にしたいと 思います。
平成25年7月20日
大阪大学で、総義歯のシンポジウムに参加しました。山ノ内の村井歯科医院の院長も 参加しました。
平成25年7月17日
祇園祭山鉾巡行 院長が、函谷鉾の供奉者として、都大路を一周させていただきました。
荘厳なお祭りでした。無事、お勤めをすることが出来ました。
平成25年7月7日
京セラメディカルの学術大会が開催されました。国内の医療メーカーとして世界を目指す京セラの学術大会です。新しいインプラントの開発について発表がありました。
平成25年7月6日
近未来オステオインプラント学会.学術大会で、座長を勤めさせていただきました。座長は、発表者より、緊張します。
平成25年7月5日
近未来オステオインプラント学会の支部長・役員会に、出席しました。神戸の六甲アイランドのベイシェラトンで、ありました。糸瀬会長より、今後の学会としての方針説明がありました。インプラントを施術する者にとって、姿勢を問われる今日この頃です。一緒に頑張って行きたいと思います。近未来オステオインプラント学会は、福岡の糸瀬先生が設立された学会です。私の古巣の仲間が、たくさん活躍しています。

診療案内

京都府京都市下京区四条烏丸西入ル函谷鉾町83田源ビル3F

075−212−4618

診療時間

 

お問合せについて

村井歯科医院は【予約制】になっております。予約は、お電話にてお願いします。初診のご予約までのお問合せ、またインプラント治療に関するお問合せについては、指定のメールフォームよりお問合せを受けて受けております。

お問合せページ

村井歯科医院Facebookページ

歯科関係者向けセミナー・勉強会案内

感謝状を頂戴しました

公益社団法人口腔インプラント学会感謝状

平成26年11月29日・30日公益社団法人日本口腔インプラント学会第34回中国・四国支部学術大会において、名誉ある専門医教育講座講師講師をつとめさせていただきました。

歯科用CTの導入

最新CT導入しました

村井歯科医院ではクリアーな画像がとれる歯科用CTを導入しております。