pageimg

医院の設備案内

村井歯科医院をご案内します。

受付

受付入口を入って左が受付です。出来る限り、お花のアレンジメントを絶やさぬよう心がけております。その時々のお花をお楽しみください。

待合室

待合室ご予約制ですので順次お呼びいたします。 ここでしばらくお待ちください。

診察室

受付フロアーの中心にタワー型カウンターがあり、コーナーごとに4つの診察ブースに分かれています。

診察台

診察台プライバシーを守りながら、診療がスムーズに行えるようなレイアウトになっています。個室の診察台もございます。

歯科用CT導入

歯科用CT 歯科用CTを村井歯科医院の画像診断設備として導入しました。(京セラの医科部門の日本メディカルマテリアル社のものです)

導入に関しましては、製造元の企業とも打ち合わせを繰り返し、工場にも出向き、性能の向上を確認できましたので、導入にこぎつけました。

このCT、世界最高レベルであることは、確かです。これにより、ほとんど全てのケースを村井歯科医院のCTで、診断可能になりました。 (これまでは、CT撮影を武田病院にて、お願いしていました) このCT、特徴は、「x線被曝線量の削減」と「x線画像診断力の向上」です。武田病院のCTも安全なX線被曝線量ですが、採用した機器ではかなり削減でます。

X線画像診断力の向上

X線画像診断力の向上は、”X線のデジタル化によりよりクリアーな画像で診断力できる”ようになりました。コンピュータは、各診療台にも設置しますので、患者さまに説明をする際に使用します。

これまでにもまして、正確かつ適切な歯科治療を実践できます。また、長期にわたるメインテナンスを受けに来られる患者さんにも、早期にトラブルを発見できますので、問題を大きくすることなく歯科治療を行うことができそうです。 

インプラント治療の術前・術後は、言うまでもなく、他の歯科治療にも積極的に活用していきます。 

全ては、より良い歯科医療を高度総合歯科医療の立場から実践していくためと考えています。 


歯科医院CT

AEDの設置について

受付 AEDとは何らかの原因で心停止してしまった場合、電気ショックによって心筋のけいれんを除去する装置です。 あまり知られていませんが、日本の病院外での心停止の発生件数は年間2〜3万件とも言われるそうです。これはは交通事故死の3〜4倍に匹敵します。先進国のアメリカと違い日本では限られた公共の施設にしか設置されていないようです。京都では、京都駅や府立植物園、保健所などに設置されています。しかし、村井歯科医院では、いつ、どこで、誰に起きるか分からないこの心停止を少しでも救命できるようにと、いち早く導入することにいたしました。地域に貢献したいという気持ちから、心停止による事故死の減少促進のお役に立てればと考えております。

お問合せについて

当院は【予約制】になっております。予約は、お電話にてお願いします。初診のご予約までのお問合せ、またインプラント治療に関するお問合せについては、指定のメールフォームよりお問合せを受けて受けております。

お問合せページ

治療に関するメール相談