pageimg

インプラントについてのQ&A

気になるご質問をクリックしてください。

歯が抜けてしまいました。最もよい方法で治したいのですが、、

現在最も自然に近い状態に回復できる方法は人工の歯根を植える「インプラント」という方法です。

現在最も自然に近い状態に回復できる方法は人工の歯根を植える「インプラント」という方法です。 「インプラント」とは、歯の抜けた所に、人工の歯根を植え、しっかりとした土台をつくり、その上に「人工の歯冠」すなわち、お口の中に見えている歯の部分を装着する方法です。天然歯のような、健全な「咀嚼(そしゃく)運動」ができるようになります。現在の代表的なインプラント治療法として、骨内インプラント(右図のもの)です。

 

インプラントは今までの方法とどのように違いますか?

通常の方法と違い、固いものも食べられます。

インプラントなら、従来の入れ歯のように、プラスチックの床(しょう)やとめ金が必要ないので、お口の中がスッキリとし、しっかりと固定されますから、かなりの固いものでも食べられるようになります。

インプラントの寿命はどのくらいですか?

長持ちさせるために、定期的なチェックと正しいケアを行ってください。

インプラントそのものは、体となじみが良いチタンでできています。 インプラントは半永久的なものではあませんが、現在の新しいタイプのインプラントは骨としっかりくっつきますので長持ちします。

最も重要なことは、自分の歯と同じような毎日の手入れです。指導された正しいブラッシング方法で磨き、半年に一度は必ず定期健診を。インプラントは歯が歯周病になるのと同じような症状になったり、噛み合わせが悪くなったりする場合があります。定期的な検診は必ず受けましょう。丁寧なお手入れにより寿命をより延ばすことができます。

インプラントをしたら、歯は磨かなくても良いのでしょうか。

長持ちさせるために、定期的なチェックと正しいケアを行ってください。

インプラントを長持ちさせるためには歯ぐきと顎(あご)の骨の健康を保っていくことが重要です。そのためには、毎日しっかりとお口の中を清掃することが非常に大切です。

インプラント治療は誰でも受けられますか?

お口の状態は体の健康状態によって判断されます。よくご相談ください。

インプラント治療の流れを教えてください。

インプラント治療は、まずはカウンセリングから始まります。詳細については、「インプラント治療の流れ」をご覧ください。

年齢その他、インプラントができない場合はありますか。

ご相談ください。

インプラントは全身疾患など特別な場合を除いて、若い人から高齢の方まで心配なく治療を受けることができます。顎(あご)の骨の少ない方でも極度の吸収がなければ特別な方法でインプラント治療を行うことができますのでご相談ください。

治療期間はどのくらいかかりますか?

年齢の上限はありませんが、骨の成長がほぼ終了する16歳ぐらいから治療を受けることができます。
ただし、あごの骨の状態によっては、治療を受けることができない場合があります。

また、歯周病の場合は、残っている歯の治療をおこなってからインプラントをすることになります。他の病気や健康状態によっても受けられない場合がありますので、よくご相談ください。

その間の歯はどうなりますか?

インプラントを行った数によって差がありますが、約4〜12ヶ月です。
期間中は仮の歯を入れるので生活に支障はありません。

心配な治療期間中の歯ですが、仮の歯や入れ歯を入れることで、食事や会話に問題が起きないようにします。治療中もなるべく快適に過ごせるのがうれしい点です。

インプラントを顎の骨に植えて、体に影響はありませんか?

影響ありません。

現在最も自然に近い状態に回復できる方法は人工の歯根を植える「インプラント」という方法です。 インプラントに使われる材料は体に悪影響を与えない心臓ペースメーカや人工関節んどにも使われている生体親和性の高い材料が使われていますので安心です。特に現在のインプラントに主に使用されている材料は、生体になじみやすく顎(あご)の骨にしっかりと結合します。

 

 

 

治療費はどのくらいかかりますか?

保険のきかない自由診療です。
また、診療内容によって費用は異なります。 インプラント治療は、自由診療扱い(自費)となっていますので、保険は使えません。 実際の治療費は、使用するインプラントの本数や種類、かぶせる歯の材質や方法によって異なるので、よくご相談ください。

手術後、注意することは?

手術後、数日間は指示に従って安静に。食事にも配慮を。
手術自体は麻酔をして行うので殆どの場合痛みもありませんが、麻酔が切れてからの痛みや手術後1〜2日、痛み・腫れが出ることがあります。

指示を守り安静にする他、食事もかたい物を避けるなどの配慮をしましょう。

体に病気がある場合の注意点は?

事前に先生へ病状や服用している薬などをお話ください。

持病のある方、体調の悪い方、妊娠・授乳中はインプラントができない場合があります。

インプラントにしたら何を食べても良いのですか?

インプラントのすばらしさを体験してください。

インプラントをして、人工歯冠を装着したあと、よくなじむまでは、軟らかい食べ物を食べていただきますが、よくなじみますと、通常の食事ができます。今まで味わえなかった、歯ごたえのあるものも大丈夫です。

インプラント治療後、もう歯科医院へいかなくても良いのでしょうか?

何もトラブルはなくても、定期的にメインテナンスにご来院をおすすめしております。

人間の体は年齢と共に変化をしていきますから、インプラントも定期的にチェックをすることが大切です。定期健診で適切な処置をしておくことが、インプラントの寿命を延ばすことにつながります。

通常、年4回のメインテナンスを、何もトラブルはない場合でも3ヶ月に1回のおすすめしております。

お問合せについて

当院は【予約制】になっております。予約は、お電話にてお願いします。初診のご予約までのお問合せ、またインプラント治療に関するお問合せについては、指定のメールフォームよりお問合せを受けて受けております。

お問合せページ

治療に関するメール相談